スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
Entry: main  << >>
桐夫だったら
先ほど、女鍵屋からの依頼で若い男がやってきた。
これ以上、鍵を預かってもらうとあなた自身に危険が及ぶかもしれない。預けたのは間違いだった。もう、返してもらってかまわない。
そう、女鍵屋が言っている、と彼は告げた。
インターフォン越しに見えるこの見知らぬ男は、ひどく疲れ果てているように見えた。
確かに、ここ数日、水貴くんが毎晩やってくる。その様子は、とても尋常には思えない。
鍵を預かってほしいと彼自身も言っていたが、今では逆恨みされているような状態だ。
そこまでしても彼に鍵を返さないのには理由がある。
女鍵屋に借りがあるからだ。
正確に言うと、彼女の夫に借りがあるからだ。
桐夫が返していない1本の歯。それを彼女に返さないと、その借りは消えることがないだろう。
桐夫だったらどうするだろうか? そう考えてみた。
おそらく、女鍵屋に操られることは不愉快に違いないだろう。ただ、借りがあることも事実だ。部屋の鍵を預かるくらいのことでその借りが返せるのなら、多少の危険は顧みないだろう。
私は、インターフォンを通して、その男に尋ねてみた。
鍵を持っていてもかまわない。それで借りが返せるのなら、危険な目に遭っても仕方ない。大事なことは、これで借りが返せるかどうかだ。
若い男は困惑したようだ。
それはそうだろう。彼がそこまで知っているとは思えない。
しばらくの沈黙の後、彼女に聞いてみよう、と言ってそのまま立ち去った。
| 00:57 | - | - |
スポンサーサイト
| 00:57 | - | - |

Please! Click Here.

ブログランキングに参加しています

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Sponsored Links

Profile-“桐夫のBlog”とは?

Entry

links



三夜子の日記
三夜子の日記

水貴の<開かず>ブログ
水貴の<開かず>ブログ

お化け屋敷 24時間ライブカメラ/ ゴーストカム
お化け屋敷24時間ライブカメラ

東京ドームシティ アトラクションズ
東京ドームシティ アトラクションズ

お化け屋敷企画制作/オフィスバーン
お化け屋敷企画制作/オフィスバーン

 

Others

RSS1.0

Mobile

qrcode

 

みんなのブログポータル JUGEM